4月25日、最高裁事務総局は、ハンセン病患者を当事者とする裁判の特別法廷について、違法性を認め謝罪する報告書を公表した。 遅くとも1960年の段階では、ハンセン病の治療・感染予防の方法は確立しており、患者を厳格に隔離する必要はなくなっていた。