「いらっしゃい。ゆっくり見ていってね」 

 そう案内されて、庭に入って行く。目の前に広がるのは、丁寧に装飾された草木や花々。なかなか見かけない西洋風の銅像が飾られているかと思いきや、手作り感あふれるプランターが目に飛び込んでくる。家主の個性が存分に反映されたガーデニングの数々。南城市で毎年開催されているオープンガーデンにおじゃました。 

【オープンガーデンののぼり。これが目印】

【庭園の目印になる木製のプレート】

【庭の中心にそびえる立派な琉球松】

【大城さん手作りの2階建ての山小屋】

【中城湾が望める玉城さんのお庭】

【趣ある庭園の植物と中城湾】

【自然公園のような津波古さんのお庭】

【300個以上ある津波古さんの盆栽】

【盆栽を始めた当初からある64年物の盆栽】

【大城さん宅のお庭は多肉植物が120種類以上】

【可愛いオブジェの数々も見どころ】

【多肉植物でつくったフラワーリース】

【水苔に多肉植物を植えてつくったフレーム】

【空き缶を工夫してオリジナル小鉢に変身】

【訪れた人へ多肉植物の魅力を語る大城さん(中央)】

【大城さんお気に入りの多肉植物「ルンヨニー」】

【ブーゲンビリアで覆われた正面の門】

【小さくて可愛らしいお花が中心の當山家のお庭】

【数年かけて作った山小屋はキッチンも完備】

【孫といっしょにペインティングしたブイ】

【オープンガーデンののぼり。これが目印】 【庭園の目印になる木製のプレート】 【庭の中心にそびえる立派な琉球松】 【大城さん手作りの2階建ての山小屋】 【中城湾が望める玉城さんのお庭】 【趣ある庭園の植物と中城湾】 【自然公園のような津波古さんのお庭】 【300個以上ある津波古さんの盆栽】 【盆栽を始めた当初からある64年物の盆栽】 【大城さん宅のお庭は多肉植物が120種類以上】 【可愛いオブジェの数々も見どころ】 【多肉植物でつくったフラワーリース】 【水苔に多肉植物を植えてつくったフレーム】 【空き缶を工夫してオリジナル小鉢に変身】 【訪れた人へ多肉植物の魅力を語る大城さん(中央)】 【大城さんお気に入りの多肉植物「ルンヨニー」】 【ブーゲンビリアで覆われた正面の門】 【小さくて可愛らしいお花が中心の當山家のお庭】 【数年かけて作った山小屋はキッチンも完備】 【孫といっしょにペインティングしたブイ】


「南城市憩いのオープンガーデン」とは?

 「南城市憩いのオープンガーデン」は、素敵なガーデニングを手掛ける個人の庭を開放して、見学することができるイベントです。「花と緑であふれる南城市で自然との暮らしを肌で感じてほしい」という思いから始まりました。

 南城市観光協会が毎年、春と秋に開催し、今年で6年目。立ち上げの2010年は参加13軒でしたが、年を追うごとにだんだん増え、12回目の今回は21軒の庭が開放されています。これまで参加したお宅は70軒以上。なんと、毎年欠かさず参加されている方もいらっしゃるんだとか。

 昨年からはオープンガーデンと同時にガーデニングフェスタも開催。ユインチホテル南城を会場に、県内各地の園芸店が花卉や苗木、園芸用品などを3日間限定で販売しています。 

 オープンガーデンに参加するには、市内11カ所で販売しているパスポートを購入します。パスポートを持っていれば、イベント期間中は何度も訪れることができます。購入時にもらえるガイドブックを片手に、目印の黄色いのぼりを目指します。オープンガーデンの旅、いざ、スタートです!

オリジナリティ溢れる素敵なお庭がいっぱい!

 開放された庭園では様々な種類の草花や装飾が施され、個性豊かなガーデニングを楽しむことができます。

 例えば、普天間さんのお宅。中心には立派なリュウキュウマツが生えています。離れにもお庭があり、和の雰囲気が特徴的です。

 大城さんの庭園には、手作りの2階建ての山小屋が建てられています。景色もよく、天気のいい日にビールを飲みながらゆっくりするのが最高なんだとか。後輩がよく借りにきて宴会を開くそうです。なんてうらやましい…。