辺野古新基地建設に関連し、政府による名護市の久辺三区への直接振興費の支出が問題となっている。この問題を公法学の視点から考えてみよう。 公的助成については、幾つか守らなければならない法原則がある。