前回、裁判所は、組体操でタワーやピラミッドを実施すること自体が違法だとするに等しい判決を書いていると指摘した。まず、その法的論理を確認しておこう。 学校には、児童・生徒の安全を確保する法的な義務(安全配慮義務)がある。