内田良准教授(名古屋大学)は、日本スポーツ振興センターが刊行する『学校管理化の死亡・障害事例と事故防止の留意点』のデータ等を分析し、組体操には完治不能な障害事故のリスクがあること、近時の巨大化の流れで事故件数が増大していることを指摘する(同『教育という病』)。