地元民として待ち望んでいただけに、感慨深いものです。ハイサイ!OKINOTEです。

今では、ホテルやカフェ、遊歩道などの開発が進み、注目を集める観光スポットの瀬長島

ゆいレールの赤嶺駅とウミカジテラス間を結ぶ無料シャトルバス

各お店の入り口に飾られている石垣焼きで作られた店舗のナンバプレート

ボリューミーでジャンキーなハンバーガーを食べるなら『氾濫バーガー チムフガス』

沖縄県産のBBQ専門店『a-29』

カジュアルにイタリアン料理を楽しめるお店『Vorale(ヴォラーレ)』

シンプルで新鮮なマグロ丼を食べられる『親父のまぐろ』

あちこーこーのアンダギーが楽しめる『KAME ANDAGI』

小粋でお洒落なオキナワンスイーツのショップ『マーサンミッシェル』

どこか異国の職人工房を訪れた気分になる『TESHIGOTO』

空港が近い瀬長島ならではの体験型ショップ『フライトシミュレーターの飛行体験』

どの店舗からも美しい海が見渡せる

ヨーロッパの町並みというのも納得のロケーション!

サンサンと太陽が降り注ぐ真っ白な世界

すぐ目の前に広がる、エメラルドグリーンの海

夜は一気にムーディーな雰囲気へと様変わり

涼しく快適な空間へと誘ってくれます

刻々と変化する景色が見所

夕日を望める絶好の場所

ダンスやJAZZ、レゲエなど、毎週テーマを変えたステージングで来場者を楽しませてくれる

今では、ホテルやカフェ、遊歩道などの開発が進み、注目を集める観光スポットの瀬長島 ゆいレールの赤嶺駅とウミカジテラス間を結ぶ無料シャトルバス 各お店の入り口に飾られている石垣焼きで作られた店舗のナンバプレート ボリューミーでジャンキーなハンバーガーを食べるなら『氾濫バーガー チムフガス』 沖縄県産のBBQ専門店『a-29』 カジュアルにイタリアン料理を楽しめるお店『Vorale(ヴォラーレ)』 シンプルで新鮮なマグロ丼を食べられる『親父のまぐろ』 あちこーこーのアンダギーが楽しめる『KAME ANDAGI』 小粋でお洒落なオキナワンスイーツのショップ『マーサンミッシェル』 どこか異国の職人工房を訪れた気分になる『TESHIGOTO』 空港が近い瀬長島ならではの体験型ショップ『フライトシミュレーターの飛行体験』 どの店舗からも美しい海が見渡せる ヨーロッパの町並みというのも納得のロケーション! サンサンと太陽が降り注ぐ真っ白な世界 すぐ目の前に広がる、エメラルドグリーンの海 夜は一気にムーディーな雰囲気へと様変わり 涼しく快適な空間へと誘ってくれます 刻々と変化する景色が見所 夕日を望める絶好の場所 ダンスやJAZZ、レゲエなど、毎週テーマを変えたステージングで来場者を楽しませてくれる


 8月1日にグランドオープンした「瀬長島ウミカジテラス」。南イタリアや、ギリシャの海岸沿いの町並みをイメージしてつくられたリゾート地区として、瀬長島西海岸に誕生しました。オープンして間もないため、まだ聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。
 瀬長島は、那覇空港から車で約15分のところにある小さな島。気軽に海を望めるドライブスポットがあったり、少年野球チームが利用する球場があったりと、地元市民の憩いの場になっていました。私も小さいころ、ワケもなく自転車で遊びに行ったりしたものです。それが今では、ホテルやカフェ、遊歩道などの開発が進み、注目を集める観光スポットになっています。


 そして、今回突如誕生したリゾートアイランド。ワクワクが止まらないわけがありません。そんな新観光スポットとして生まれ変わった「瀬長島ウミカジテラス」を、写真とともに紹介したいと思います。

アクセスは無料シャトルバスを活用しよう

 オープンして間もないこともあって、ウミカジテラスまで車道がかなり混雑しています。つい先日は、瀬長島から出るだけで1時間以上もかかりました。利用できる駐車スペースも、ホテル入り口横の専用駐車場とホテル前の2カ所だけで、数もそれほど多くありません。ここで無料シャトルバスの出番です。ゆいレールの赤嶺駅とウミカジテラス間を結んでいます。


 ピーク時は30分間隔で運行しているので、時間を気にせず快適に利用することができます。モノレール徒歩圏内にお住まいなら、利用しない手はないですね!

どんなお店があるの?

 瀬長島ウミカジテラスには、沖縄の地産を中心とした飲食店や雑貨店など、30以上の個性的なお店が集まっています。県内でお馴染みの飲食店はもちろん、ここにしかない店舗や、西日本初出店のお店などが立ち並びます。

 各お店の入り口には、石垣焼きで作られた店舗のナンバプレートがロゴ入りで飾られています。深みのある青がとっても綺麗。


 ボリューミーでジャンキーなハンバーガーを食べるなら『氾濫バーガー チムフガス』。500gのハンバーガーから滴る肉汁と特大パティは、満足すること間違いなし!


 那覇市第一牧志公設市場で、60年続く和ミートが提供する、沖縄県産のBBQ専門店『a-29』。あぐー豚を100%使用したソーセージを中心に、冷やして食べるチキン、ムチムチのチマグー(豚の前足先)など、ちょっと変わったお肉を楽しめる肉バルです。