戦後70年談話が出された。「大戦における行い」への「反省」と「おわび」の引き継ぎが間接的表現にとどまる一方で、「積極的平和主義」が強調された。本来の積極的平和主義とは、武力紛争をなくすため、文化交流・貧困対策・武器制限などを進めようという話だが、安倍晋三首相のそれは、要するに軍事同盟の強化のことだ。