皆さん、初めまして。沖縄ガールズスクエアマネージャーの岩渕裕子と申します。今回からガールズスクエアの旬な出来事、ホットなニュースをマイペースで発信していきたいと思います。

東京大学で表彰されたときの筆者。このような素晴らしい場に立てたことに感謝の気持ちでいっぱいです=2014年10月14日、東京都内

READY FOR OF THE YEAR 2014部門賞「READYFOR LADY賞」の盾

ほかの受賞者たちと記念撮影。一つ一つとても素晴らしいプロジェクトばかりでした

東京大学で表彰されたときの筆者。このような素晴らしい場に立てたことに感謝の気持ちでいっぱいです=2014年10月14日、東京都内 READY FOR OF THE YEAR 2014部門賞「READYFOR LADY賞」の盾 ほかの受賞者たちと記念撮影。一つ一つとても素晴らしいプロジェクトばかりでした

 1回目、2回目とご紹介させていただいております、ガールズスクエアの挑戦!「逆境でも強く生きる。沖縄のママ達に起業の場を」プロジェクト。沖縄をはじめ、全国の皆さんからの温かい応援があり、素敵な皆さんの思いでつくった新しい空間「キッズスペース」(預かり保育サービス)と「トライアルキッチン」(食をテーマにした事業展開を応援するカフェ)ですが、おかげさまでいろんな方々に知っていただき、さらに新たな可能性を応援できる環境を準備することができました。

 去る10月、クラウドファンディングの「レディーフォー(READYFOR)」を使って活動を進めたプロジェクトの表彰式「READYFOR OF THE YEAR 2014」で、女性が実施した今後の女性の活躍に大きく寄与するプロジェクトに贈られる「READYFOR Lady賞」に、私たちガールズスクエアの「逆境でも強く生きる。沖縄のママたちに起業を支援する場を!」が選ばれ、表彰を受けました。

 READYFORには2014年8月まで全国から累計3973件の応募があり、事務局の審査を通過してウェブサイトに掲載され、実際に資金を集めたプロジェクトは1273件(審査通過率約32%)あり、そのうち目標金額に到達したのは635件(達成率約54%)でした。今回の表彰では、2013年5月から14年8月までにこの難関をクリアした480件のプロジェクトを対象に、大賞1件、優秀賞2件、部門賞22件が選ばれました。たくさんの中から評価いただき、こんな素敵な賞をいただけたのは、多くの皆さんの共感と、温かい応援、協力があったおかげです。

 私たちは「起業する・自分で仕事をつくる女性」を、ガールズスクエアの空間(スペース)とコミュニティ(仲間づくり)を通じて全力で応援してきました。ガールズスクエアをホームグランドとして活動する女性を応援するファン(企画に参加してくれる方や、共感し価値を感じてもらえる方)づくりや、魅力の発信(会員イベント・ファンクラブ運営・ショップ運営・ブログ・情報誌の発行)など、試行錯誤しながら小さな実績づくりをコツコツ継続しています。

 ガールズスクエアでは、産休・育休中に、ふとしたきっかけで、ものづくりを始めるママが意外に多いこと、今までのキャリアとは別に、知識・経験を生かして新しいことを始めたいと思っているママが結構いること、“あったらいいな”という思いを形にする機会がなかなかないこと、などの実態が分かりました。

 子供との時間を大切に、一緒に創作活動にチャレンジできる環境、子供も大人も想像力をもっと発揮できる場所があれば、今まで、応援できなかったママさんをもっともっと応援し、より多くの方にも誰かの役に立てる(価値を生み出せる)喜びを感じてもらえることができそうな気がしています。

 私自身、ガールズスクエアに出合うまでは、普通の主婦でした。免許も、資格も、特技も、趣味も、これといったキャリアもなく・・・特にやりたいことも夢もありませんでした。でも、ガールズスクエアに出合い、チャンスをいただけたので、今度は私がサポーターとして”起業する・自分で仕事をつくる女性“を応援し、チャンスをつくってあげられる人になっていきたいと思っています。

 これからも魅力的で素敵なコミュニティづくり継続し、一人一人の感性と視点を生かしたユニークで魅力的な活動を、もっともっと応援できる仕組みを日々考えていきたいと思っています。私たちのような女性の起業応援活動が全国各地に広がることで、本当に素敵なポテンシャルに満ちた魅力的な女性の皆さんが輝ける場を、ぜひこれからも一緒につくっていきたいと思います。

 そこで、新たな挑戦として「沖縄ガールズビレッジ構想」を計画しています。都会で感じることのできない、大空と大地、自然を満喫できる場所、八重瀬町に子育てママのみんなでシェアする「My Garden」「Community Garden」「はたけかふぇ」の構想を少しずつ温めています。http://www.girls-village.jp/
次回、詳しく紹介します。お楽しみに!