自腹で購入したスイーツを食べて、魅力を語る「貴公子Tのスイーツ紀行」。今回は別腹編。貴公子Tが、日本を代表するスイーツのメッカ、東京・自由が丘のスイーツフォレストに行ってきました。有名店が軒を連ねるフォレストの中から、貴公子Tがハマッた3品を紹介します。里子は、まさかのお土産なし、食べたスイーツの写真だけを見せつけられるというやさぐれのスイーツ談義です。

自由が丘は日本のモンブランの元祖?


貴公子こちらのビルの2階が、自由が丘スイーツフォレスト。まずは入って正面すぐのお店「ベリーベリー」で気になったのがこちら、ピンク色でふわふわした「ストロベリーモンブラン」。おいしそう♪
里子
貴公子モンブランというと、栗のイメージがあるけど、これは栗を使っていない。これはイチゴのクリーム。モンブランの名前は、アルプス山脈の「モンブラン」からきている。モンブランが山の名前なのは、分かります。でも、イチゴのモンブランは初めてみました。
里子
貴公子ちなみに、日本でスイーツのモンブランの発祥は、自由が丘にある老舗洋菓子店「モンブラン」。(お店の公式サイトにも解説があります。http://www.mont-blanc.jp/rekisi.htm)その「モンブラン」には行ったんですか?
里子
貴公子行ってない。沖縄に帰ってきてから調べたら、「自由が丘でした」って話。え?? 貴公子、ちゃんと予習してから行ってくださいよ。モンブランのこと、もっと知るチャンスだったのに。肝心の味はいかがでした?
里子
貴公子イチゴのクリームと生クリームの層の下に、ベリーソースが詰まっている。ワイルドに見た目を例えてみると、ベリーソースは山の中のマグマのようだが、食べてみると、程よい酸味。これが、クリームの甘さを抑えてくれている。甘さと酸味のバランスが絶妙。さすが、貴公子。クリーム系は断然強いですね。男性一人で食べに行って、イチゴをセレクトしたところもさすがです。
里子
貴公子でしょ? イチゴのモンブランは初めてだったけど、心がピョンピョンするようなときめく甘さ。栗がおいしい季節に入るけど、あえて秋にイチゴのモンブランをオススメしたい。秋から冬にかけての“オセンチ”な気分を明るくしてくれる魔法の一品。「栗がおいしい季節」って、ももいろクローバーZの歌詞にありますね。貴公子は隠れモノノフなんですか?
里子
貴公子・・・・(無言)

見た目ヨーロッパ、味アジア

こちらは焼きプリンですか?
里子
貴公子「HONG KONG SWEETS 果香」の「杏仁ブリュレ」。見た目はクリームブリュレなんだけど、食べてみると…食べてみると?
里子
貴公子柔らかい食感と同時に口の中に杏仁豆腐の香りがふわぁーと広がる。クリームにしっかりと香りがついている。普通、ブリュレは、カスタードベースの焼きプリンのようなスイーツだけど、クリーム系以外の香りのするブリュレは初めてだね中の色が見えないんですが、ブリュレの土台になるカスタードが杏仁豆腐なんですか?
里子
貴公子杏仁豆腐そのものは入っていない。スプーンですくったら、姿はクリームブリュレ。注文を受けてから、表面に砂糖をまぶしてバーナーであぶる「キャラメリゼ」をするから、ぱりぱり感も楽しめる。里子も食べた―い!
里子
貴公子しかも、杏仁はブリュレとびっくりするほど合う。新たな出合いが生み出したミラクル。人の話、聞いてないですよね・・・。
里子
貴公子「和魂洋才」という言葉があるけど、この場合は、スイーツの「亜魂洋才」だね。ブリュレは西洋からきているので、洋魂亜才では?
里子
貴公子アジアとヨーロッパのクロスオーバー。やっぱり聞いてない。
里子

アイスも載ったぜいたくパイ

こちらはどんなスイーツですか? ドーナツのようにも見えますが。
里子
貴公子見た目に「おやっ?」と感じた? これはアップルパイ。砂糖で煮たリンゴをパイ生地で包んで焼くのが一般的だけど、これは、上下別々に焼いたパイ生地でリンゴを挟んでいる珍しい形。そして中央部には、シナモンアイス。アイスも載せるなんて、ぜいたくですね。
里子
貴公子注文を受けてからパイを焼くので、すごくサクサク。注文を待つ間も、カウンター横で、作る過程が見られます。「まだ~?」と、ぐずる子どもも待ち時間を楽しめるはず。アイスが溶けることも計算すると、早く食べないともったいなさそうです。
里子
貴公子それがね、案外持つのよ。上のパイがふっくら焼けて内部に空間があるから、ここにリンゴやアイスを入れて味わえるし、楽しみながら食べられる。それより、貴公子。また食べ方ばかりで、味の感想忘れていますよ。
里子
貴公子あ、そうだった! 熱々のパイとリンゴと冷たいアイスクリームは、食べていて飽きない。しかも、直径12~3センチくらいの大きさで、ナイフとフォークで切って、頂くわけ。アップルパイでそんな食べ方したことないでしょ?えぇ、言われてみれば。でも、味の感想は?
里子
貴公子特にすごいのが、このシナモンアイス。大抵のアップルパイは、仕上げにシナモンをかけたりするけど、これをシナモンアイスで賄っている。冷たくもさっぱりした印象に落ち着くよね。しかもパイが、リンゴとアイスの二つの甘さを取り持ってくれているような味の仲人のような役割だよね。1200円、出す価値がある。やっと出ました!味の感想! 貴公子、私は先ほどから頭の中で、東京のスイーツの味を想像しながら、話しているのですが、やはり、食べないとわかりません。スイーツフォレストのお土産はないのですか?
里子
貴公子ない。今回は夏休みに東京行くってことでこうなったけど、次は仕事抜きのプライベートで行かせて。夏休みしながらの仕事は正直しんどいwなるほど。貴公子Tの連載を続行するか、協議に入りましょうかね?
里子