「金武(きん)町で食べ継がれている沖縄の伝統食『チーイリチャー』(豚肉の血炒め)で地域活性化を」-。昨年、県経営者協会が地域活性化などを目的に主催するかりゆし塾で、こんな提言があった。提言したメンバーは、アンケートや住民への聞き取りなどで、金武町にはチーイリチャーを食べる習慣が他市町村より根付いており、潜在需要は23億円以上あるとも試算。メンバーの一人で町教育委員会職員の金城明美さん(41)は、「提言が、あらためて地域の伝統を見直すきっかけにもなれば」と期待を込めている。(北部報道部・伊集竜太郎)

金武町で食べ継がれている沖縄の伝統食「チーイリチャー(豚肉の血炒め)」

久松食堂で45年ほど前から提供しているチーイリチャー=金武町金武

金武町で食べ継がれている沖縄の伝統食「チーイリチャー(豚肉の血炒め)」 久松食堂で45年ほど前から提供しているチーイリチャー=金武町金武

 金城さんは昨年5~10月まで講座のあったかりゆし塾に参加。班のメンバー9人が、各職場などでアンケートを実施し、回答した21市町村在住の572人中、年に数回食べる地域は金武町だけだった。

 一方、別で実施したアンケートでは、県外在住者の半数以上が「食べたい」と回答。それを踏まえ、沖縄への入域観光客数(2014年度)とチーイリチャーの市場単価から、潜在需要として売上額を約23億2千万円と算出した。

■ソウルフード

 なぜ、金武町ではチーイリチャーがよく食べられているのか。メンバーは町内住民や有識者らから聞き取りした。

 第2次世界大戦後、ハワイや南米の県出身者が豚を送って支援した際、金武出身で「移民の父」と呼ばれた故當山久三の影響で金武出身の移民が多かったことなどから最初に届けられ、「養豚業がすぐに復活し、戦前の『豚食文化』がそのまま継承されたのだろう」との話を聞いた。

 また、栄養学の視点では、ビタミンや鉄分、ミネラルなどが豊富で亜熱帯気候の沖縄に適した「健康食」であることも分かった。町内全5区にそれぞれの味があることや、「調理方法は秘伝」「町出身者は帰省すると必ず食べる」などのエピソードも聞き、金城さんは「町民のソウルフードになっている」と実感した。

 メンバーはレトルト商品の開発や、町内の国道329号付近にチーイリチャーを提供する店舗が多いことから同国道の「チーイリチャー街道」宣言、血-1グランプリの開催、B-1グランプリへの参戦などを提言した。

■提供店増える

 町金武にある久松食堂は町内で最も早くメニュー化し、45年ほど前から提供。注文の7~8割を占める。2代目店主の宜野(よしの)智さん(53)によると、町内には把握しているだけで提供する店が7、8軒はあり、以前より増えたという。昔から町内では正月料理や冠婚葬祭での料理として振る舞われてきた。

 金武町でチーイリチャーが愛される理由を聞くと、宜野さんは笑ってこう即答した。

 「それはおいしいからですよ」