沖縄ガス(那覇市、我那覇力蔵社長)とロワジールホテル那覇(那覇市、道上浩之総支配人)は30日、同ホテルの温泉施設から採取される水溶性天然ガス(メタンガス)を燃料に、発電と給湯を行う「コージェネレーションシステム」(電熱併給)の運用を開始したと発表した。