ガラス張りの入り口の引き戸を開けた瞬間、コーヒーの香ばしい匂いと60年代のアメリカンポップスが出迎える。店内に一歩踏み入れると思わずニューヨークに来た感覚に陥ってしまった。沖縄市泡瀬の住宅地にあるカフェ「クランプ・コーヒー・ストア」。店主の久高哲哉さん(33)は「コーヒーを通してうまいものを提供したい」とほほ笑む。

人気メニューのホットサンド「ハニーマスタードチキン」(650円)、ヨーグルトスイーツ「レモンクランブルタルト」(550円)、カフェラテ(450円)、水出しアイスコーヒー(450円)、グッドモーニングプレート(750円)

店主の久高哲哉さん(左)と妻の由衣さんが笑顔で出迎えてくれる=28日、沖縄市泡瀬

人気メニューのホットサンド「ハニーマスタードチキン」(650円)、ヨーグルトスイーツ「レモンクランブルタルト」(550円)、カフェラテ(450円)、水出しアイスコーヒー(450円)、グッドモーニングプレート(750円) 店主の久高哲哉さん(左)と妻の由衣さんが笑顔で出迎えてくれる=28日、沖縄市泡瀬

 独立してコーヒー屋を営むことが夢だった。高校卒業後に名古屋のカフェで修業を積んだ。東京でのバリスタセミナーにも積極的に参加。コーヒーの専門書を片っ端から読みあさり、知識と技術を磨いた。2013年9月に念願のカフェをオープン。妻由衣(ゆき)さん(35)も料理担当として店を手伝っている。

 自慢のコーヒーはブラジルやエチオピアなどのブレンド豆。京都から仕入れた豆を店で焙煎(ばいせん)し、風味と個性を残すさまざまな手法で一杯一杯、丁寧に注いでいく。酸味のある果実感を楽しめるドリップコーヒー(450円)や一息つきたい時に飲んでほしいカプチーノ(480円)は人気メニュー。

 おすすめはホットサンド「ハニーマスタードチキン」(650円)。1口頬張ると大葉の香りが口いっぱいに広がり、2口目にはハニーマスタードソースと歯ごたえのある鶏肉に大満足する。夏にぴったりのスイーツ「レモンクランブルタルト」や「ニューヨークチーズケーキ」(500円)も旬の果物を使ったメニュー。

 「人が笑顔になれるカフェにしたい」という久高さん。今日も渾身(こんしん)の一杯を注いで、訪れる人を笑顔にさせている。(中部報道部・比嘉太一)

 【お店データ】沖縄市泡瀬5の32の2。営業は午前9時~午後6時。金曜定休。客席はカウンター席、テーブル席で20席。電話098(938)0833。