名護市辺野古への新基地建設着工から2年を迎えた1日午前9時半ごろ、キャンプ・シュワブゲート前では市民ら約30人が座り込んで新基地建設に抗議した。

新基地建設に抗議する市民ら=1日午前11時半、名護市辺野古・キャンプシュワブ新ゲート前

 沖縄平和運動センターの山城博治議長は「大きな節目。改めて抗議の声を上げていこう」と呼び掛けた。

 午前9時過ぎには大型クレーンがフロートを吊り下げて移動する様子が第3ゲートから確認された。