毎年7月の県産品奨励月間が始まった。経済界や行政など19団体で構成する実行委員会(会長・呉屋守章県工業連合会会長)は1日、会員企業の役員や社員、ミス沖縄ら約250人で国際通りをパレード=写真。自立経済の確立に向けて、県産品の愛用による経済活性化や雇用拡大をアピールした。