【那覇】那覇市首里大名町の店舗兼共同住宅の工事現場内で発見された米国製50キロ爆弾1発の不発弾処理が、3日午前10時から開始される。避難半径は166メートルで、避難対象は約340世帯、約850人、19事業所。避難開始は午前8時30分ごろ。周辺の交通規制は午前9時50分から。午前中には終了する予定。

不発弾処理現場と現地対策本部・避難所

 避難場所は那覇市大名児童館、大名町公民館、首里平良町自治会館。大名児童館には現地対策本部も設置される。