【沖縄】元海兵隊員で米軍属の男による暴行殺人事件を受け、在沖米軍が米軍人・軍属を対象に実施していた基地外での飲酒や深夜の外出規制が解除されて初めての週末の1日、沖縄市のゲート通りには、バーなどに繰り出す若い米兵の姿が多く見られた。

バーやクラブ、飲食店などに繰り出す米兵ら=1日、沖縄市・ゲート通り

 午後9時すぎ。通りや周辺のバーやクラブ、飲食店からは大音量の音楽が流れ、友人同士やカップルで酒を飲んだり、食事を楽しむ米兵が多かった。

 衣料品店で買い物を楽しむ若者や、通りで立ち止まって大声でおしゃべりをする姿も見られ、リラックスした様子だった。

 規制が解除された先月28日の平日の夜とは打って変わってにぎわいを見せた通りだが、飲食店のスタッフは「平日よりは多いが、(規制前の)いつもの週末とそんなに変わらない。これから増えると思いますよ」と期待しながら話した。特に大騒ぎをする姿などは見られなかった。