【東京】政府は14日、内閣府の沖縄振興局長に、大臣官房総括審議官の槌谷裕司氏(57)を充てる人事を発表した。発令は17日付。

槌谷裕司氏

 また、政策統括官(沖縄政策担当)に総務省自治行政局公務員部長の北崎秀一氏56が就く。21日付。

 沖縄振興局長の藤本一郎氏は退職。政策統括官(沖縄制作担当)の関博之氏は復興庁統括官に異動する。

 槌谷氏は1959年生まれ。北海道出身。中央大学卒業後に旧総理府入り。内閣府沖縄総合事務局長や沖縄振興開発金融公庫理事などを経て、2015年7月から現職。

 北崎氏は1960年生まれ。大分県出身。東京大学卒業後に旧自治省入り。内閣官房内閣審議官や総務省消防庁審議官などを経て、2015年7月から現職。