参院選は2日、公示後2度目の週末に入り、沖縄選挙区の候補者3氏は沖縄県内各地を駆け回り、支持を訴えた。

(左)街宣車から手を振る伊波洋一氏 (右)街宣車から手を振る島尻安伊子氏

 自民党公認で現職の島尻安伊子氏(51)=公明、維新推薦=は那覇市や本島南部地域を中心に遊説。「あらゆる政策を総動員し、今までにないような振興策を実行したい」と訴えた。

 無所属新人の伊波洋一氏(64)は、沖縄市内10カ所で街頭演説。「沖縄の未来は私たちでつくろう」と支援を呼び掛けた。演説には翁長雄志知事や県選出の野党国会議員らも参加した。

 幸福実現党公認で新人の金城竜郎氏(52)は沖縄市内で集会を開いた。