日米間で昨年9月に結ばれた環境補足協定が壁になり、県と宜野湾市が長年続けてきた米軍普天間飛行場内の埋蔵文化財調査が米軍の不許可で宙に浮いている。現地司令官の裁量で認められてきた文化財調査が新協定のあおりで認められなくなった格好だ。