序盤で2点を先制した宜野座が、北山の反撃を振り切り、2-1で勝利した。 一回裏、先頭打者の佐久田来樹主将が足で見せた。左中間に二塁打を放って出塁。続く大嶺二千翔のバントヒットで三塁に進むと、送球を受けた一塁手が目を離した間に「誰も見てない。いける」と一気に本盗して先制点を奪った。