高校野球の第98回全国選手権沖縄大会第7日は3日、沖縄セルラースタジアム那覇などで2回戦8試合を行い、16強が決まった。小禄、那覇商業、宜野座、沖縄尚学、美里工業、豊見城、浦添商業、昭和薬科大付属が3回戦に進んだ。

小禄-南部工 延長13回表小禄1死満塁、上地浩夢が勝ち越しの左犠飛を放つ=沖縄セルラースタジアム那覇(下地広也撮影)

 小禄は延長十三回表1死満塁、上地浩夢の左犠飛で1点を勝ち越し、南部工に6-5で勝利した。投げては2番手の前武當一斗が5回3安打無失点と好投した。

 那覇商は同点で迎えた八回裏、適時打や犠飛で3得点し、4-1で名護商工を下した。序盤で2点を先制した宜野座は、八回に北山に2-1とされたが、追加点を与えなかった。

 美里工は五回まで全イニングで得点し、12-6で未来沖を下した。第3シードの沖尚は、エース諸見里俊が1安打完封し、6-0で浦添を退けた。

 第2シードの豊見城は那覇工業に11-2の七回コールド勝ち。浦添商は6安打で10点と効率よく加点し、10-0の五回コールドで北谷を破った。序盤に2点を先制した昭薬付は、美里に一度もリードを許さずに8-3で3回戦進出を果たした。

<3日の試合結果>

▽2回戦

豊見城 11-2 那覇工

那覇商 4-1 名商工

浦添商 10-0 北谷

小禄 6-5 南部工

沖尚 6-0 浦添

宜野座 2-1 北山

昭薬付 8-3 美里

美里工 12-6 未来沖

<9日の試合>

▽3回戦

〈セルラー、9時〉

那覇西-宜野湾

豊見城-那覇商

浦添商-小禄

〈コザしんきん、9時〉

嘉手納-興南

前原-那覇

沖尚-宜野座

〈北谷、9時〉

八商工-宮古

昭薬付-美里工