「八回裏には必ず何かが起こる。ピッチャーのためにも頑張ろう」。両チームともに得点圏まで走者を進めるが、あと一本が出ない。1-1で迎えた八回裏、那覇商業の安富勇人監督の言葉で打線が奮起した。 流れを引き寄せたのは、今大会初先発の2番田里海都だった。死球で先頭打者が出塁。