3連敗中で、5試合勝利から遠ざかっていた琉球が今節まで首位の鹿児島ユナイテッドFCを3-1で破った。琉球のシュート4本に対し、鹿児島は17本。金鍾成監督は「この数試合で一番押し込まれたが、内容うんぬん言っている場合ではない。勝ちたい気持ちで最後まで粘れた」と安堵(あんど)の表情だった。