沖縄署は4日午前4時30分、北谷町美浜の路上で、酒気を帯びた状態で車を運転したとして、嘉手納航空基地所属で二等軍曹の容疑者(27)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。飲酒規制の緩和後、同容疑で沖縄に住む米軍人が逮捕されるのは初めて。

沖縄署

 沖縄署によると、同日午前4時5分ごろ、北谷町美浜の路上で、ふらついて走っていた車を警察官が発見し、職務質問をして発覚した。同容疑者は「酒は飲んでいない」と容疑を否認している。