2日深夜に那覇市泊3丁目の路上ベンチで生後間もない男の乳児が置き去りにされた保護責任者遺棄事件で、那覇署は3日、乳児がくるまれていたTシャツと、ベンチに添えられていたバッグを公開した。

乳児がくるまれていたTシャツ(沖縄県警提供)

Tシャツの下に敷かれていた布製のバック(沖縄県警提供)

乳児がくるまれていたTシャツ(沖縄県警提供) Tシャツの下に敷かれていた布製のバック(沖縄県警提供)

 同署によると、男児は生後半日から2日目くらいで身長47センチ、体重2800グラム。ダイビングショップの機材を置くベンチの上にバッグが敷かれ、その上にTシャツにくるまれた状態で付近の住民に保護された。

 Tシャツは赤色で5歳児が着るサイズ。英語と西暦の数字が記されていた。

 男児はへその緒が付いており、病院での出産ではないとみられるが健康状態は良好という。同署が遺留品や目撃などの情報提供を呼び掛けている。