うるま市の女性会社員(20)が遺体で見つかった暴行殺人事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪で起訴された被告(32)を弁護する高江洲歳満弁護士が4日、東京地裁での裁判員裁判の審理を求める請求書を那覇地裁に提出した。被告側は「那覇地裁では、公平な裁判が期待できない」としている。

 請求書などによると、被告の自白や犯行の内容をマスコミが報道したことで、県民は被告を有罪にするべきだとする「予断」を持っていると指摘。裁判員法などが定める裁判員としての適格性を欠いているとした。

 高江洲弁護士によると、被告は「沖縄の人は米国人への敵意が強く、県内で裁判を受けたくない」と主張しているという。

 同弁護士は「東京だと反米や反基地感情は沖縄ほど強くない」と指摘。交通の便が良く、県内から証人が出廷する場合でも都合が良いとした。

 また、犯行内容から、被告が精神状態に問題があった可能性があると指摘した。