【平安名純代・米国特約記者】「とにかく出口が見えない戦争を終わらせなければと思った。収監のリスクなんて問題じゃなかった」 初夏の日差しがまぶしいサンフランシスコ市内でインタビューに応じたダニエル・エルズバーグ氏(元米国防総省軍事分析官)は、私の目を真っすぐ見据えながら話し始めた。