大学コンソーシアム沖縄を構成する県内の11高等教育機関が連携した「子どもの居場所学生ボランティアセンター」が、6月末から本格始動している。生活困窮世帯などの子どもが集う場所に、学習支援や困りごと相談を担う学生ボランティアを派遣するのが主な役割。