名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前の抗議活動は5日、730日目を迎えた。市民ら30人が集まり、「辺野古に新基地はつくらせない」と声を上げた。

キャンプ・シュワブ前で抗議する市民ら=5日午前9時すぎ、名護市辺野古

 丸2年続く活動に市民らは「最後まで諦めず、新基地建設断念を勝ち取る」と気勢を上げた。午前9時からゲート前で座り込み、抗議した。

 6日は午前10時から「座り込み2周年集会」を開く。