5日の沖縄地方は太平洋高気圧に覆われ、沖縄県内全観測所で30度を超える真夏日となった。下地島空港では36.1度を記録し、県内の過去最高気温に並んだ。また多良間空港で34.8度、久米島空港で33.9度を観測、それぞれ7月の観測史上最高気温となった。

炎天下、水しぶきを上げて海水浴を楽しむ子どもたち=5日、本部町・瀬底ビーチ(渡辺奈々撮影)

 6日の沖縄本島地方ははじめ晴れで次第に曇り、夜は雨が降る。先島諸島ははじめおおむね晴れで次第に曇る。大東島地方は、曇り、夜は雨が降る見込み。