沖縄気象台によると、猛烈な台風1号は6日午前9時現在、フィリピンの東の海上にあり、勢力を維持したまま時速35キロで西北西に進んでいる。気象台によると、今後、速度を落としながら南寄りの進路をとることが予想され、先島諸島への直撃は回避されるが、台湾に大きな被害が出る恐れがあるという。

台風1号の今後の進路予想(気象庁HPから)

 石垣島地方では最接近する7日昼過ぎから夕方にかけて暴風域に入り、抜けるのは8日未明から明け方にかけて。与那国島地方では最接近する7日夜に暴風域に入り、抜けるのは8日未明から明け方。

 台風1号は6日午前9時現在、中心の気圧は910ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は80メートル、中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風域、中心の北東側440キロ以内と南西側330キロ以内では風速15メートル以上の強風域となっている。(沖縄タイムス+プラス編集部)