先月の糸満市長選で初当選した元県知事公室長、上原昭氏は6日、市役所であった市長就任式に臨み、あいさつで「選挙で糸満再生を約束した。市民の先頭に立って実現することを誓う」と意欲を示した。

「市民の先頭に立って糸満再生を実現する」と就任式で職員に語りかけた上原昭・糸満市長=6日、同市役所

 上原市長はIT企業の集約施設建設を県に求めるとした「南山ITパーク構想」や複合型市民会館の建設などの公約に触れて「前市政の政策についても行政の継続性は維持しつつ、見直すべきは見直す必要がある」と政治姿勢を語った。

 また、財政改革にも言及し、企業誘致などで税収増を図るとともに効率的な行政運営に努めるとして「やみくもに予算を削ればいいのではない。知恵と工夫が必要」と職員に協力を求めた。任期は2020年7月5日まで。