沖縄県議会(新里米吉議長)6月定例会は6日、代表質問の2日目を開いた。謝花喜一郎知事公室長は、復帰後に県内で起きた米軍関係者による殺人事件13件のうち、海兵隊員や元隊員による事件が12件と全体の9割以上を占めることを明らかにした。渡久地修氏(共産)への答弁。

 翁長雄志知事は海兵隊員による事件が突出して多いことに関し、「海兵隊員が一番多く関与しているのは県民も等しく感じるところだ」と指摘。海兵隊撤退を求めた6月19日の県民大会は「まさしく県民の心からの叫びだ」と述べた。

 県選挙管理委員会の当山尚幸委員長は、県議選の開票速報で誤った得票数を発表したことを謝罪。今後は複数の職員で入力値を確認することや、各市町村からの速報値の連絡にファクスも併用するなどの再発防止策を示した。瑞慶覧功氏(おきなわ)への答弁。

 防衛省の空調維持費補助の一部廃止問題について金城弘昌子ども生活部長は、保育園などへの2015年度の補助実績から、廃止措置で影響を受けるのは25保育施設1147万5千円、2私立幼稚園239万9千円と説明。「関係部局と連携し補助対象となるよう国に働き掛けていく」と述べた。上原章氏(公明)への答弁。

 ■ウチナーンチュの日

 「世界ウチナーンチュの日」制定について安慶田光男副知事は、「10月の第6回世界ウチナーンチュ大会の場で制定を宣言できるよう取り組んでいきたい」と意欲を示した。瑞慶覧氏への答弁。

 ■やんばる国立公園

 大浜浩志環境部長は、世界自然遺産登録に向け環境省が指定を決めた「やんばる国立公園」に関し、指定後、周辺を飛行するオスプレイなどの米軍機による公園区域内の動植物への影響を調べるため騒音調査を実施することを明らかにした。平良昭一氏(おきなわ)への答弁。

 ■大型MICE施設整備

 前田光幸文化観光スポーツ部長は、大型MICE施設の整備や運営を担う事業者を、本年度内に選定する考えを明らかにした。6月末に有識者などで構成する施設整備運営事業者選定委員会を設置しており、10月に事業者を公募する。

 ■対馬丸記念館支援

 金城子ども生活福祉部長は、対馬丸記念館の管理運営を支援するため、内閣府と県などで構成する対馬丸平和祈念事業協議会を4月に設置したと説明。記念館側への支援のあり方を協議する考えを示した。いずれも上原氏への答弁。