システム開発のOCC(浦添市・天久進社長)が開発した医療システム「電子カルテ・カフー」が、ミャンマーの商業都市ヤンゴンにある二つの民間医療施設に採用された。6日、現地に向けて出荷した。同社独自での海外展開は初めて。同国での普及を目指し、現地法人の立ち上げも検討している。