那覇市の県立博物館・美術館で開催中の「ゴッホ、モネ、セザンヌ巨匠たちの奇跡」展(主催・琉球放送、共催・沖縄美ら島財団、沖縄タイムス社、特別協賛・沖縄セルラー電話)の入場者が6日、1万人を突破し、記念セレモニーが開かれた。1万人目となったのは那覇市内から訪れた与儀博美さん(55)、彩夏さん(23)親子。西洋絵画が好きで、絵画展によく足を運ぶという博美さんは「『巨匠』たちの本物の絵を見ることができるめったにない機会なので娘にも見てもらいたかった」。彩夏さんも「ゴッホの作品に興味がある」と話した。

入場者1万人目となった与儀博美さん、彩夏さん親子=那覇市、県立博物館・美術館

 会場には19世紀から20世紀にかけ、印象派の「巨匠」らによって描かれた作品67点が展示されている。8月14日まで。入場料は一般1300円、小・中・高・大学生900円。