沖縄気象台によると、猛烈な台風1号は7日午前9時現在、沖縄の南にあり、時速25キロで西北西に進んでいる。台風が南よりの進路を取ったため、八重山地方は暴風域に入る可能性は低くなったが、7日に予想される最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、沖縄気象台は警戒を呼び掛けている。

風が強まってきた与那国島の海岸の様子=7日午前

台風1号の今後の進路予想(気象庁HPから)

風が強まってきた与那国島の海岸の様子=7日午前 台風1号の今後の進路予想(気象庁HPから)

 中心の気圧は900ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は60メートル、最大瞬間風速は85メートル、半径170キロ以内では風速25メートル以上の暴風域、中心の北東側390キロ以内と南西側330キロ以内では風速15メートル以上の強風域となっている。

 最接近するのは石垣島地方で7日夜遅く、与那国島地方は8日未明で、それぞれ9日にかけて強風が続く見込み。

 与那国島地方では7日午前、曇り空が広がり、風が強まっている。陸で生活している馬が森に避難している様子も見られた。(沖縄タイムス+プラス編集部)