名護市辺野古の新基地建設に抗議する座り込みは7日で3年目に入った。辺野古の自宅から通い続ける島袋文子さん(87)は「まさか2年も続くとは思ってもみなかった」という。「ウチナーンチュも体を切れば同じ赤い血が流れているんだ。