メイクマン(浦添市)は7日、熊本地震の義援金として、同社からの100万円と、各店舗で集めた募金139万6081円の合計239万6081円を日本赤十字社県支部に託した。

 宮城順一代表取締役社長=写真左から2人目=は「沖縄もいつ起こるか分からない。ゆいまーる精神で多くのお客さまに協力いただき感謝している」と述べた。県支部の久田裕事務局長=同3人目=は「多くの人が不安な日々をいまだに送る中、義援金は励みになると思う」と感謝した。