日米地位協定に関する在日米軍司令部の投稿は、米軍人や軍属であっても罪を犯せば日米の司法によって裁かれることを説明し、罪から逃れる「免責」を与えるものではないと強調することで、地位協定の問題は存在しないと主張する意図があるとみられる。