10日投開票の参院選は終盤戦を迎えている。沖縄選挙区では自民公認の現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏(51)=公明、維新推薦=と、無所属新人で元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)が激しい選挙戦を展開。両陣営の選対責任者に、参院選の意義や有権者への訴えなどを聞いた。