子どもの貧困対策に活用するため、6年間で30億円を取り崩す県の基金について沖縄県は14日までに、市町村事業に27億円、県事業に3億円を交付する方針を決めた。