洋食レストランのピザハウスジュニアを経営するPIZZA HOUSE(北谷町、坂本昭司社長)は来年2月、浦添市港川に、ピザハウスの新本店をオープンする。2010年12月に道路拡張工事で同市城間にあった旧本店が閉店して以来、6年ぶりの再開となる。

浦添市港川にできるピザハウスの新本店完成イメージ図(同社提供)

浦添市港川にできるピザハウスの新本店完成イメージ図(同社提供)

 敷地面積は2314平方メートル。2階建てで延べ床面積約1190平方メートル。白壁に赤いスペイン瓦を使い、外観は旧米国総領事館を改装した旧本店ゆずり。1階はエントランスと駐車場、2階はダイニング(120席)とバーラウンジ(60席)、個室(8人用)が3部屋ある。個室をつなげれば50人規模の立食パーティーが可能。

 本格的な洋食メニューを手頃な価格で楽しめる。メニューはローストビーフやステーキ、ピザなど「昔から変わらない味」(坂本社長)に加え、自家製生ハムを使ったピザやパスタ、スペイン料理も提供。ドレッシングやパスタソースなど自社製品を販売するショップも併設する。

 利用客の7割は県内客を見込む。坂本社長は「常連客や観光客から再オープンを求める声が強かった。子どもから年配の方まで、誰からも愛される料理を提供する」と語った。