近代的建築物の記録や保存に取り組む国際的学術組織ドコモモジャパンはこのほど、2015年度「日本におけるモダン・ムーブメントの建築197選」に、北谷町の米軍キャンプ桑江にある旧海軍病院と今帰仁村中央公民館の2件を選定した。

施行側と住民が一体になって完成させた今帰仁村中央公民館

施工法がその後の民間建築などに影響を与えた旧海軍病院

施行側と住民が一体になって完成させた今帰仁村中央公民館 施工法がその後の民間建築などに影響を与えた旧海軍病院

 県内からの選定は2006年の那覇市民会館以来10年ぶり。県内建築物の選定は聖クララ教会(与那原町)を合わせて計4件となった。

 ドコモモジャパンの兼松紘一郎名誉会員と根路銘安史会員が7日、県庁で発表した。

 旧海軍病院は1955年に施工され、バリアフリーや県内初のアルミサッシを使った施工法は、その後の県内の公共施設や民間建築に大きな影響を与えた。

 今帰仁村中央公民館は75年に建設され、設計段階から地域住民が参加。屋外空間を設けるなど、利便性を求め、施工側と住民が一体となって完成させたことが評価された。

 根路銘さんは「建物を残すことで正しい歴史認識を後世に伝えたい」と選定の意義を強調した。

 兼松さんと根路銘さんは6日、今帰仁村役場とキャンプ桑江を訪ね、関係者に選定書と選定プレートを贈呈した。