7月10日投開票の参院選は、22日の公示日まで15日で1週間となった。

参院選立候補予定者ら

 沖縄選挙区では、現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏(51)、新人で元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)、幸福実現党県本部副代表の金城竜郎氏(52)が立候補を表明している。

 政権与党の自民党が擁立する島尻氏と、翁長雄志知事を支える県政与党など「オール沖縄」勢力が擁立する伊波氏の対決を軸に激戦が繰り広げられる見通しだ。

 米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設問題や、元米海兵隊員で米軍属の暴行殺人事件など米軍関係の事件・事故を解決する手法などが争点となりそうだ。

 参院選比例代表には県出身4人の新人が立候補を予定。

 自民からは女性グループ「SPEED」のメンバーで歌手の今井絵理子氏(32)、共産から党県委員会常任委員の真栄里保氏(59)、おおさか維新から前金武町長の儀武剛氏(54)、日本のこころを大切にする党から地域コミュニティーFM局などで活動する手登根安則氏(52)が立候補を表明している。