観光客らが「ジーマーミ豆腐」の材料がピーナツ(落花生)と知らずに食べ、急性アレルギー反応のアナフィラキシーショックで救急搬送された事例を受け、県生活衛生課は14日までに、注意を呼び掛ける飲食店事業者向けのチラシを作成し、ホームページ(HP)に掲載した。

「ジーマーミ=落花生」と呼び掛ける沖縄県のチラシ

 客からジーマーミ豆腐の注文を受けた際に説明するか、料理メニューなどに表示するよう求めている。

 各保健所が実施する飲食店への監視指導や、新規開業者対象の講習会などで配布する。

 消費者向けのチラシも近くHPに載せ、飲食店や観光施設などで活用してもらう。

 この件を巡っては、沖縄観光コンベンションビューローも日本語、中国語、韓国語、英語の4カ国語に訳した注意喚起文をHPに掲載するなど対応を始めている。