高校野球の第98回全国選手権沖縄大会第8日は9日、沖縄セルラースタジアム那覇などで3回戦8試合が行われ、宜野座、嘉手納、那覇商業、那覇西、八重山商工、小禄、前原、美里工業が8強入りした。シード校はすべて敗退し、昨年優勝校の興南も敗れた。

嘉手納-興南 9回表嘉手納2死一、三塁、大城堅斗が右前適時打を放ち逆転=コザしんきんスタジアム(渡辺奈々撮影)

 宜野座は一回表に本塁打で先制。三回に3点、九回に1点を追加し、5-2で沖縄尚学を下した。嘉手納は0-1で迎えた九回表無死一塁、4番知花拓哉の左越え適時二塁打で同点とすると、8番大城堅斗が右前適時打を放ち、2-1で興南に逆転勝ちした。

 那覇商は2投手の継投で春季準優勝の豊見城を2安打に抑え、3-1で下した。那覇西は3-3の同点で迎えた延長十三回、4-3でサヨナラ勝ち。初のベスト8進出を決めた。

 八商工は宮古を4-0で下し、7年ぶりの8強入り。先発平良海馬、黒島志門が零封リレー。小禄は浦添商業に0-3とされた四回に7点を挙げて逆転。浦添商に追い上げられたが、降雨による七回コールドゲームで8-7と勝利した。

 前原は打撃戦を制し、7-5で那覇を下した。美里工業は昭和薬科大付に10-2の七回コールド勝ちで2年ぶりのベスト8。

 第9日の10日、同スタジアムほかで準々決勝4試合を行う。

<9日の結果>

▽3回戦

八商工 4-0 宮古

嘉手納 2-1 興南

前原 7-5 那覇

那覇西 4-3 宜野湾

那覇商 3-1 豊見城

小禄 8-7 浦添商

宜野座 5-2 沖尚

美里工 10-2 昭薬付

<10日の試合>

▽準々決勝

〈セルラー、10時〉

八商工-嘉手納

那覇商-小禄

〈コザしんきん、10時〉

前原-那覇西

宜野座-美里工