秋季大会のリベンジを狙う嘉手納が最終回に逆転、昨年大会覇者の興南を2-1で下し、2年ぶりの準々決勝に進んだ。 1点を追う九回表無死一塁、4番知花拓哉が「絶対にランナーを返す」と内角低めの直球を捉えて左越えの二塁適時打で試合を振り出しに戻した。