名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前には参院選投開票日の10日も、新基地建設に反対する人々が県内外から集まった。沖縄平和運動センターの山城博治議長は「辺野古の闘いは基地建設だけではなく、日本の民主主義を問うている」と説明。県外から訪れた人は「帰って沖縄の状況を伝えたい」と語った。

参加者に語り掛ける沖縄平和運動センターの山城博治議長=10日、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前