参院選沖縄選挙区(改選数1)は10日投開票され、無所属新人で元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)が35万6355票を獲得し、事実上の一騎打ちを展開した自民公認の現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏(51)=公明、維新推薦=に10万6400票差をつけて初当選を果たした。米軍普天間飛行場の返還を巡る名護市辺野古への新基地建設の是非が最大の争点となった参院選で反対を掲げた伊波氏が勝利し、「辺野古反対」の県民の民意があらためて示された。

支持者とカチャーシーを踊り、喜ぶ伊波洋一氏(中央)=10日午後8時33分、那覇市古島・教育福祉会館

 投票率は54・46%で、前回(2013年)の53・43%を1・03ポイントを上回った。

 幸福実現党公認で新人の金城竜郎氏(52)は支持が広がらなかった。

 比例代表で、自民公認で歌手の今井絵理子氏(32)が当選を確実にしている。