【平安名純代・米国特約記者】米国務省高官は10日、沖縄タイムスの取材に対し、参院選沖縄選挙区で、無所属新人で元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)が当選したことについて「他国の政治にはコメントしない」と論評を避けた。

 一方で、島尻安伊子沖縄担当相の落選については、安倍晋三政権の現職閣僚として沖縄に貢献する活躍を展開し、実績が評価されていると聞いていたなどと述べ、「率直に驚きをもって結果を受け止めている」と表現した。

 島尻氏の落選で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を容認する自民党は沖縄選挙区で衆参の議席を失ったことになるが、同高官は「辺野古移設計画には影響しない」と述べた。